日常的に胃がムカムカする│逆流性食道炎の危険性を理解して改善する

転移がんの危険性について

がん治療の際の再発と転移について

がん治療を行う際に、がんを早期で発見した際などは、手術でがん腫瘍を取る方法が一般的です。しかし、がん細胞というのは完全に取りきるということが難しく、手術で取り切れていなかった目に見えない小さながんが残ってしまうことがあります。このがんが再発してしまうことがあり、また「転移がん」となって体内の他の部位に移動してそこで新たながん腫瘍となってしまうことがあります。また、最初にがんが見つかった時には既に他の場所に転移してしまっていて、大本となるがんがどれなのかが判断するのが難しくなってくることも多くあります。

転移がんの仕組みと原発巣について

手術などで摂りきれなかったがん細胞などは、血管を流れる血液やリンパ管を流れるリンパ液に乗って体内に広がってしまいます。こうして体内に広がってしまったがん細胞は色んな所に転移をしてしまい、転移がんとなってしまうため、早期に対処をしなければ複数箇所に転移がんが広がってしまいます。そのため、がん治療を受ける際の初診ではこれ以上色んな所に転移されるのを防ぐために抗がん剤が使われることが多いです。また、体内に広がってしまったがん細胞は、最初にがんができた部位の特性を持っています。そのため、広範囲に広がってしまうと複数の特性をもったがんができてしまい、大本を特定するが困難になってしまうのです。この大本のがんの事を「原発巣」といい、この原発巣の場所や、どこに転移したかを見つけ出すことが、がん治療の方針を決める上で重要な情報となります。