日常的に胃がムカムカする│逆流性食道炎の危険性を理解して改善する

癌性胸膜炎について

癌性胸膜炎の主な症状と原因について

深呼吸や咳で憎悪する胸痛がある場合は、胸膜炎を疑い、早めに内科を受診したほうがいいでしょう。癌性胸膜炎とは、癌細胞が胸部に広がってしまうことによって、胸水が溜まってしまう症状のことをいいます。この癌性胸膜炎を引き起こす悪性腫瘍にはいくつか種類がありますが、そのなかでも肺癌から併発する可能性が最も高いです。そのため、喫煙者などの方が前記の症状を感じることがあれば、肺癌による癌性胸膜炎の疑いが出てくることもあります。また、胃癌や乳癌から派生してしまう事も多いです。この癌性胸膜炎の主な症状は咳からくる胸痛が特徴的です。癌性腹膜炎は胸水が大量に溜まってしまうため、胸部が圧迫されて呼吸困難の自覚症状が出ることもあります。普段から胸部が圧迫されているような感覚がする場合などは、癌性胸膜炎の可能性もあるため内科に診てもらうようにしましょう。

癌性胸膜炎の診断と治療について

癌性胸膜炎を判別する検査としては、胸部X線検査で胸水が溜まっているか確認をすることができます。胸水の特徴として、血性であること、リンパ球が増加していることなどが挙げられます。胸部X線検査により胸水が溜まった像を確認した後に、胸腔穿刺を行うことによって胸水の中からがん細胞が検出されれば、そこで癌性胸膜炎の診断が確定します。治療には胸腔内にチェストチューブを挿入して、胸腔に溜まっている空気や液体を排出する方法があります。そして胸水が減ったところで、抗がん剤などを注入し、胸水が再び溜まる事がないよう予防をします。